免疫力とは?

   

人間は生まれた時から免疫力が備わっていますが、免疫力とはどのようなモノなのでしょう?

免疫力を一言で表現すると「体を守るための力」と言えます。毎日の生活の中でいろいろな異物が体内に入ってきます。細菌、ウイルスは空気中に存在し目に見えない物質と言えますし、その他にも食品に含まれている有害な物質とその種類は非常に多いのが現状です。

さらに体内にも異物が発生し、その代表格がガン細胞と言えます。免疫機能は体内に侵入した細菌、ウイルス、体内に発生したガン細胞といった異物に攻撃をして様々な病気より自身を守ってくれます。そして自分を守る為の機能を免疫力と言います。

免疫力が備わってないと、人間は体内に侵入した異物の攻撃を全て正面から受ける羽目になり生きていくことは不可能です。ですが認識を誤ると免疫機能は自分自身を攻撃することになります。

免疫力が正常に機能する為にはバランスが大切で、体内に侵入した物質を「異物」と認めて攻撃しますが、この免疫力が強すぎた場合は反対にいろいろな病気の原因となってしまいます。花粉症などで知られるアレルギー症状は、異物であるアレルゲンに対して免疫力が過剰反応した結果として発症します。

正式名称は自己免疫疾患と言いますが自身の細胞を異物と間違って認識して攻撃を行い、結果として自分自身の細胞は破壊されてしまい慢性的な炎症になってしまいます。牛乳、卵などがアレルギーな人は、アレルゲンである食品を食べると体に湿疹などが現れますが、この症状も免疫力が過剰反応した結果なのです。

アトピー患者も免疫力の過剰反応に入っています。要するに健康に生活するには免疫力は強すぎても問題でバランスを維持することが大切です。健康に長く生きしたいと思わない人は存在しません。
そして健康的に長生きするにはバランスを維持して免疫力を高めることが大切です。

免疫力が低下するといろいろな病気になりやいと言えます。インフルエンザやエイズなどの感染症、糖尿病、リンパ性白血病、腎臓病といった原因になるので注意が必要です。

さらに風邪をよく引く、疲れが取れない、慢性的に元気がない、体が弱い人は免疫力が低下しています。日々を元気に生活をする為には免疫力をアップし健康になることが重要です。

 - 免疫力