免疫力を保ちつつダイエットを成功させることは可能

   

テレビ、雑誌、インターネットといったどのメディアを見ても今は「ダイエット」という文字を見ない事はないと言えます。

若い女性の中には、「痩せているイコール美人の条件」と認識し過度なダイエットをする傾向が強いのです。実際に肥満はメタボリックシンドロームのリスクが高まり、高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病といったいろいろな病気の原因と言えます。

ですが標準体重よりずっと体重が少ない「痩せ過ぎ」の人も免疫力が下がってしまい病気になりやすいと言えます。その理由は痩せている人は皮下脂肪が減少し、皮下脂肪には外気温から体を保護する働きがあるからです。だから皮下脂肪が減少すると免疫力が活動的になる体温である36.5度~37度をキープすることが出来なくなり免疫力は落ちてしまいます。

血行不順になり血液中の白血球、リンパ球がきちんと機能しなくなり、外敵に対する抵抗が低下します。ですが免疫力が落ちる原因は皮下脂肪の減少だけではないのです。

実はダイエットの為に行う食事制限こそが大きな原因と言えます。体重を落とすには摂取カロリーを減らす必要があり食事量を少なくすると必要な栄養分を摂ることが出来ません。

中でも免疫細胞はタンパク質より生成されるので「肉は高カロリーだから摂らない」とタンパク質の元となる肉、魚を摂取しないと免疫細胞が減少していきます。さらに食事用が減ると免疫力をサポートする働きがあるビタミン、ミネラルも不足し免疫力の低下を避けることは出来ません。

免疫力を落とさずにダイエットをする為にはタンパク質、ビタミン、ミネラルはバランスよく取り「腹八分目」の量を食べることが大切です。逆に太っている人は免疫力が高いのか?と考えるかもしれませんが、そんなことはありません。

生物は生まれ時から少々の飢餓状態に耐えることが出来る身体機能があります。ですが必要以上のカロリーを自動的に消費することは不可能です。過剰なカロリーは脂肪となり体内に蓄積されて肥満となります。

低カロリー食事の方が免疫力はアップするといった研究結果もあります。ダイエットをするのはいいのですが、あくまでも「正しい」ダイエットを行う必要があります。バランスのいい食事、適度な運動をすることで免疫力を高い状態で維持しつつ健康的にダイエットをすることが出来ます。

 - 免疫力 ,