免疫力がUPすると体もストレスに負けなくなる

   

気分が凹んでしまい、ちょっとした事ですぐにイライラする。仕事が多忙で休みが全然取れずに疲労が溜まっている。

慣れない環境で不安が多い、ツライ日々を送っている…そんなストレスは現代社会を生きている限り誰しも多少は感じているモノです。そしてストレスと免疫力には密接な関係があると言えます。

強いストレスに晒されると自律神経のバランスが乱れてしまい、内臓を活発にする副交感神経の働きが低下し、その結果食欲不振、血行不良といった症状が出てきます。

そして栄養バランスが崩れて、免疫力の主役であるリンパ球が活動的に動くことが出来ません。その上ストレスにより副腎皮質からストレスホルモンと言われるコルチゾール、ステロイドホルモンの分泌が促されます。コルチゾールにはリンパ球の働きを阻害する作用があり、その結果免疫力が低下してしまいます。

ストレスが原因で免疫力が下がると病気に感染しやすくなり疲労も蓄積されてしまいます。そしてそれがストレスとなり悪循環に陥ることになってしまいます。免疫力のバランスを保つにはうまくストレスを発散させることが重要です。

反対にストレスをあまり感じず楽しい生活を過ごしているとどうなるのか?と言えばその答えは単純明快で免疫力が高まります。笑いには自律神経を刺激して脳へアプローチすることで免疫機能を活発にするホルモンが分泌されます。このホルモンがナチュラルキラー細胞、NK細胞に作用し外敵への攻撃力がアップします。

最新の研究においては作り笑顔でもNK細胞の働きが活性化することが判明しています。暗い顔をしているのではなく、ツライ時も作り笑いをしていれば免疫力を上げることが出来ます。

凹んだ時に笑顔でいることは難しいと言えますが、笑えば免疫力がアップし、そのことで体の悩みは改善されて笑顔は本物になる場合もあるのです。あまりマイナスに考えないで、疲れたらしっかりと休み、免疫機能の回復を目指しましょう。

 - 免疫力 ,