免疫力の低下による健康への影響

   

免疫力が下がると人間の体にはどんな影響が出てくるのか?

免疫というのは体内に侵入した細菌、ウイルス、もしくは体の中に発生した腫瘍といった異物を攻撃して体の外に排出する働きのことを言います。そして免疫機能のバランスが乱れる事を「免疫力の低下」と言います。

免疫機能といって真っ先に白血球をイメージする人が多いと言えますが、免疫機能は白血球だけではないのです。白血球に侵入した異物を攻撃する指示を出すサイトカインと呼ばれる物質も免疫機能の一種です。そしてサイトカインは白血球に「誘導」「抗原」「抑制」と言う3つの命令を出す働きがあります。ちなみに「誘導」とは白血球に外敵を覚えさせる事を指します。

「抗原」とは外敵を攻撃するように促進することで、「抑制」は外敵に対する攻撃をストップして次の外敵の為に準備をする働きを言います。サイトカインの3つの指示のバランスが乱れてしまうと免疫力が低下、もしくは異常化してしまいます。

免疫機能が低下、異常化したら病気に感染しやすくなります。免疫力が下がると「誘導」や「抗原」の働きが弱くなり外敵の侵入を許してしまいます。免疫低下により起こる病気は風邪、インフルエンザ、エイズなどの感染症を挙げることが出来ます。

他にもガン、慢性リンパ性白血病、心臓病、肝炎、腎臓病、糖尿病といった最悪の場合は死を引き起こす病気になってしまいます。さらに脳への影響もあり痴呆症、自閉症の原因となります。

免疫力の異常化というのは「抑制」が働かない状態を指し、要するに外敵以外のモノ、自身の細胞を間違って攻撃してしまうのです。その結果起こる病気としては喘息、アトピー、花粉症といったアレルギー症状、リューマチといった自己免疫疾患、クローン病を挙げられます。

アレルギーの人は原因となる物質のアレルゲンが体内に侵入すると神経が刺激され、血管の拡張、筋肉収縮させる作用があるヒスタミンと呼ばれる物質が過剰分泌されて体内のタンパク質と結びつきアレルゲンを外敵と間違って認識したまま過剰反応が起こります。

自己免疫疾患というのは何らかの原因で自身の細胞を外敵と認識し攻撃することで、女性によく見られる症状である便秘、冷え性、肌荒れは自己免疫疾患と深い関わりがあります。免疫力のバランスをコントロールし、強化することで正常化することが健康な日々を過ごすためのポイントと言えます。

 - 免疫力 ,