免疫力と自律神経と交感神経

   

自律神経というのは人間が無意識の内に自然と体調を調整してくれる生まれながらに備わった神経システムと言えます。

ですが自律神経のバランスが崩れることで免疫力のバランスも乱れていろいろな病気になってしまいます。自律神経には交感神経、副交感神経とがあり両方のバランスが取れている事が非常に重要なのです。

肉体や精神に負荷がかかり過ぎてストレスが蓄積されると交感神経が優勢になります。反対にメリハリがないダラダラとした生活を送っていたり、運動不足、肥満、リラックスし過ぎた状態では副交感神経が優勢になります。交感神経が優勢な状態が継続すると血管の収縮がし過ぎな状態となり血流悪化、低体温になってしまいます。

体温が低下すると免疫機能も低下し、免疫力が落ちてしまうので様々な病気を引き起こします。新陳代謝も下がるから体が必要とする栄養素をきちんと届けることが出来ません。そして逆に体内に老廃物、毒素が排出できずに蓄積されていくので多くの病気の原因となります。

あと交感神経は慢性的な緊張状態が続くと免疫細胞の一種である顆粒球が暴走して自身の細胞に対し攻撃を行い胃潰瘍、大腸炎、吹き出物という症状が起こります。特に注意が必要なのがガンの発症リスクが高まる点です。

NK細胞がガン細胞を攻撃せずに腫瘍が出来てしまうのです。副交感神経が優勢になると血管が拡張し血行が促進しますがあまり血管を拡張させると動脈、静脈の血流のバランスが乱れて反対に血行が悪くなる事もあります。

だから交感神経有意状態の時と同様に低体温、免疫力の低下が起こってしまいます。血管が拡張することで血液の流れが増えるからのぼせてしまったり、血流障害になるリスクがあり、副交感神経優位な状態はあまり続くと脳へダメージを与えてうつ病の発症リスクが高まります。

さらに免疫細胞の中のリンパ球が増加することで普段なら反応しない無害な異物に対しても反応してしまいその結果、花粉症、アトピーというアレルギー症状が出てしまいます。

一旦アレルギー症状が出ると改善するのは難しいので、日常的にアレルギーを予防する為に自律神経のバランスと免疫力のバランスを正常化することが大切です。自律神経のバランスを整える為に昼間はしっかりと運動をして食事を摂取し夜はきちんと休む生活を送って下さい。

そうすることで免疫力は自ずとアップします。ちなみにストレスは自律神経の大敵でので気をつけましょう。適度なストレスなら生活にいい緊張を与えることが出来ますが過度なストレスは心も体も疲労してしまいます。

ストレスはマメに発散して精神の健康を維持して下さい。自律神経と免疫力は密接な関係があり、片方のバランスが乱れただけで相互に悪影響が出てしまいます。自律神経のバランスを調整することで免疫力を高めましょう。

 - 免疫力 , ,