笑うと免疫力がアップするのはどうして?

   

免疫力を保つことが可能な生活環境というのは、どのような生活かを思い浮かべることが出来ますか?それは規則正しい生活と栄養バランスが取れた食生活、さらには適度に体を動かし、しっかりと睡眠を取ることで、これらはどれも正しいと言えます。

ですが最も簡単で、それ故に最も難しいことが「楽しみながら生きる事」です。全ての事象をポジティブに考えて、どっぷりと嵌まることが出来る趣味があり、毎日笑って楽しく過ごすことが免疫力を高める為には非常に大切なことなのです。

笑い、楽しいと思うことにより自律神経交感神経と副交感神経が刺激を受けて、上がったり下がったりする血圧をコントロールします。そして心臓の脈拍、呼吸を正常な状態で維持することが出来ます。脳の血流量が増えることで頭の働きが良くなり体全体にも血液が行き渡るようになるなど笑うことの効果が健康へ与える好影響は非常に大きいのです。

そして笑うことによりガン細胞へ攻撃を加える作用があるナチュラルキラー細胞、NK細胞も活発になります。医療現場においても笑いはとても重要視されていて、ガン患者には落語、漫才といった番組を見せる事も治療の一環になっている病院も存在します。
毎日を楽しく過ごし、笑顔で送ることが自然と免疫力のアップに繋がります。逆に日常的にマイナスな気持ちだとストレスを受けてしまいます。その場合はどんな影響が出ると思いますか?

笑顔で毎日を送るのとは逆に免疫力が下がってしまいます。ストレスを受けることでストレスに対して防衛反応が起こりストレスを緩和する為に脳下垂体よりアドレナリンといったホルモンの分泌が起こります。

その結果ホルモンにより交感神経が活発となり、副交感神経の働きを抑制します。副交感神経とは胃腸の働き、消化液の分泌を担っているのでストレス状態が長く続いた場合は腸内環境が悪化し食欲不振になってしまいます。

その結果免疫のバランスが乱れて体調がどんどん悪くなっていきます。つまりストレスは免疫力の大敵で免疫力をアップし保つ為には出来る限りストレスを解消し楽しい日々を過ごすことが大切です。「病は気から」というのは経験則ですが医学的に実証されています。

 - 免疫力 ,