免疫力と住宅環境の関係

   

免疫機能とは異物が体内に侵入した際に体外に排出するために抗体を生成します。そして1度抗体が出来ると同じ異物が侵入した時には即座に対応し攻撃することが可能です。免疫には学習機能があり、それを利用したモノがワクチンと言えますが、当たり前のことですが異物に接触して初めて抗体が作られます。

「近頃、子供は病気にかかりやすい」と言われることが多いのですが、それは最近の清潔志向からくる弊害と言えます。実際に生まれたての赤ん坊はかなり免疫力が弱いから母乳を摂取することで免疫力をカバーしています。細菌、ウイルスに対する抵抗力が弱いので哺乳瓶、衣類をきちんと殺菌、除菌をすることで病気から予防する必要があります。

ですが成長すれば免疫力がアップするのであまり過度に清潔な状態を保つことは抗体を作ることが出来ないのであまり良くありません。例を挙げると「雑菌が多いので公園の砂場は出入り禁止」「殺菌スプレーを持ち歩く」などの無菌状態で子供を育てると細菌、ウイルスに接触する機会がないので、ほとんど抗体が作られません。

抗体がないので外出する機会があった時に病原菌に触れて病気になってしまうのです。その上、症状が重くなりがちなのが近頃の子供の特徴と言えます。自分の周囲を清潔な状態に保つことは大切ですが、それも度が過ぎると免疫力の低下を招きます。予防接種をしっかりと受けてから外で遊ばせることが子供には重要なことと言えます。

多少風邪を引いたとしても、子供はすぐに回復するのでさほど気にする必要はないのです。さらに太陽の光を浴びて、運動をすることにより体力が付くので元気になり、健康的で免疫力の高い状態を維持することが可能です。

子供の事を思って清潔な状態を保つことで、逆に病気にかかりやすい子供にしてしまっている恐れがあります。なので清潔志向もやり過ぎは良くありません。ほどほどにしておくことが健康的な体を作ることと言えます。

ですがこの頃は食についてはあまり無造作に口にしない方がいいと言えます。科学技術が発達し自然界にはない合成着色料、保存料といった食品添加物が数多く使用されているからです。

認知されている食品添加物については「一生継続して食べても問題ない」と言われているのですが、それでも開発後さほど時間が経過している訳ではないので発ガン性といった直接的なリスクは判明しても、長期間摂取し、体内に蓄積されることで肝臓、腎臓へのダメージや、免疫力にどう影響を与えるのかは本当の所分かっていません。

保存料、防カビ剤、酸化防止剤は消費者側にも利点があってり全部口にしないで生きていくことは現代社会において日本では可能と言えます。合成着色料といった食べずに済むモノに関しては出来る限り避けて健康な食生活を過ごすように心がけましょう。

 - 免疫力 ,