ワクチンと免疫力の関係

   

冬になると公的機関、医療機関でインフルエンザのワクチンの摂取をするように案内されます。

インフルエンザ以外にも子供の場合は麻疹、水疱瘡といったワクチンの注射があり、注射が苦手な人はその痛さに泣き出してしまったという過去がある人も少なくありません。ワクチンは特定の病気を予防する為に行いますが、何故ワクチン注射をすることで病気を予防することが出来るのか?その理由には免疫力が関わってきます。

ワクチンというのは病原体、病原体の持っている毒素を弱めた、もしくは無害化したモノと言えます。そしてワクチンを注射することで体内に病原体を取り込むことで免疫機構により病原体に対して抗体を作ります。その結果免疫機能が病原体を攻撃しますが、ワクチンの毒素は弱いので重い症状が出ることはほぼないと言えます。

ですが免疫力というのはとても学習能力が高いので、次回同じ病原体で強い毒素を持つモノが侵入した際にはワクチン接種の効果で作られた抗体が即座に反応して病原菌を攻撃する効果があります。

そして病気になるのを予防することが出来るのです。免疫力の優れた点は一度作られた抗体に関してはほぼ一生体を守ることが出来る点です。だから小さい頃に麻疹の予防接種を済ませておけばあとはその病気になる心配はないと言えます。

ですが近年の研究データーによると幼児期に蕁麻疹といった予防接種を行っていても終生免疫と言われる一生分の免疫を作ることは不可能と判明しました。

さらにインフルエンザワクチンは毎年注射をする必要があるのはインフルエンザウィルスが「毎年変化する」からです。インフルエンザウイルスは突起があり、形が次々に変わっていきます。

なので一度インフルエンザになってもその年のインフルエンザに対しての抗体は作られたのですが、新しい突起があるインフルエンザウイルスに対しては効力がないのです。だから毎年その年に流行すると予想したインフルエンザのワクチンを作成し接種しなくてはいけません。

免疫力も完全ではなく、自分が感染症に発病するより周囲の人が免疫力が落ちているとその病気をうつすリスクがあります。日常的に免疫力を高めることを意識して、さらにワクチンを接種することで周囲に対して予防するようにして下さい。

 - 免疫力 ,